使おうAED / 減らせ突然死

お問い合わせ

お問い合わせ窓口一覧

京都本社

〒617-0835 京都府長岡京市城の里10-9[地図

東京支社

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-26
浜町京都ビル3F[地図

湘南営業所

〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台5-12
RARA善行103号室[地図

静岡営業所

〒410-0011 静岡県沼津市岡宮1319番1号[地図

浜松オフィス

〒435-0044 静岡県浜松市東区西塚町306-7
丸八管財西塚ビル301[地図

中部テクニカルセンター

〒448-0847 愛知県刈谷市宝町3-2-5[地図]

ホーム > 最新情報

最新情報

このページを印刷する

2件
2017年10月の記事

無料ごみ分別辞典サイト構築サービス「ごみサク」に、AIチャットボット機能を追加する実証実験を開始しました

当社が提供する自治体のごみ分別辞典サイト構築サービス「ごみサク」に、AI(人工知能)技術を活用したチャットボット(自動会話プログラム)の機能を追加する実証実験を、20171016日に開始いたしました。

Chatobot_image.png

 

 「ごみサク」は、地方自治体の円滑で効率的なごみ収集をサポートすることを目指し、自治体が家庭ごみの適切な分別方法やリサイクルルールの情報を提供できるようにすることで、不適正排出を防ぎ、ごみの排出量を削減することを支援するサービスです。
このサービスにより自治体は、適切なごみの出し方を品目毎に検索できるウェブサイトを、無料で構築・公開できます。構築に当たっては、専門知識や専用ソフトは不要で、自治体の担当者の方が簡単にごみ分別辞典サイトを構築し、公開できます。また、構築段階から運用維持まですべて無料でお使いいただけます。


gomisaku_image.pnggomisaku.png

 

「ごみサク」のサービス詳細にいてはこちらをご確認ください。http://gomisuke.jp/gomisaku.html

現在、
43の自治体がこのサービスを利用してウェブサイトを構築・公開しており、新しいAIチャットボットはこれらすべてのサイトに実装されます。なお、同一企業が開発したAIチャットボットを40以上の自治体が提供するのは、過去最大規模となります。(20171016日時点、日本グリーンパックス調べ)

「チャットボット」とは、「チャット(会話)」と「ボット(ロボットの略)」を組み合わせた言葉で、
AIによる自然言語処理を活用した、自動会話プログラムです。

AIとは:
Artificial(=人工の) Intelligence(=知能)の略で、文字通り「人工知能」を指し、人間の脳が行っている知的な作業を模した、知的な情報処理をするシステム・機械やその技術であると定義されています。
■自然言語処理とは:
コンピューターに何らかの処理を命令するプログラミング言語とは異なり、人間同士が日常的に使っている自然発生的な言語(=自然言語)を使ってコンピューターに情報処理の指示を出す技術のことを言います。

AI
チャットボットは、大手物流会社や、イーコマース(ネット通販)などでもウェブサイトやスマートフォンを介して一般に提供されており、近年のAI開発の中でも急激に普及し始めている分野です。

「ごみサク」に実装されるチャットボットは、自治体毎に異なるごみの出し方について、会話形式で回答してくれます。

例えば「布団を捨てたい」と入力すると、布団の種類を特定するために
AIが質問を返してきます。表示される候補の中から「こたつ掛け布団」を選ぶと、分類が「粗大ごみ」であることを回答し、処理の際にかかる費用や、粗大ごみ受付センターの電話番号もあわせて表示してくれます。
なお、入力が漢字でなく、ひらがなやカタカナであっても、捨てたい品目が「布団」であることを認識し、同様に会話を進めていきます。

 

Chatbot_PC.PNG

 

通常の分別辞典では、例えば「缶」といった大まかな種類を入力して検索した場合、素材の違いによる「アルミ缶」「スチール缶」などの候補や、「茶筒缶」「スプレー缶」「カセットボンベの缶」といった用途による候補など、一覧に表示される多くの候補を見ながら絞り込む必要があります。一方チャットボットでは、あいまいなワードで検索をした場合でも、AIが候補を絞り込んで提示してくれるため、捨てたいごみの種類の特定が容易になり、利便性が向上します。

なおこのチャットボット機能は、「ごみサク」システムの拡張機能として実装されるため、「ごみサク」を使ってごみ分別辞典を構築・公開している自治体に無料で提供されます。また、市民も無料でこのチャットボット機能を利用することができます。


当社は、新たな取り組みとして、他のコミュニケーションツールと連携してごみの出し方をお知らせするサービスの開発・提供を検討しています。また、ごみの出し方に関わらず、地方自治体の業務を改善し、より効率的にするためにAIを活用していく考えです。

更新日:2017年10月16日 10:00

自治体ごみ分別アプリの構築実績とダウンロード数がNo.1を獲得しました

当社が提供する、自治体のごみ分別アプリ構築サービス「ごみスケ」が、201312月のサービス開始から311か月目の2017101日時点で、構築実績65自治体を突破いたしました。

logo.pnguser.png

スマートフォン(以下「スマホ」)の普及率増加にともない、自治体が情報を発信する方法としてアプリを配信するケースが増えています。

自治体による、ごみ関連のスマホアプリは、2012年には3件でしたが、2014年を境に大幅に増加し、2016年末までの累計配信数は164件に達しています。

gomi.PNG

「ごみスケ」は、複数の自治体の要望を反映させながら独自につくりあげたテンプレート(ひな形)を利用して、汎用的なアプリを構築するものです。既存の仕組みを利用するため、一からアプリを構築する場合と比較して、コストと工数を削減することができます。一方で、各自治体の特色を出す為に、アプリのホーム画面などの画像は自由に設定できます。そのため、低予算・短納期で、オリジナルアプリをリリースしたいというご要望をお持ちの自治体から、ご好評をいただいています。

「ごみスケ」を利用してごみ分別アプリを配信する自治体は2017101日時点で65件に達しましたが、同時点でごみ関連アプリの配信自治体は207件にのぼります。同ジャンルのアプリの32%近くが「ごみスケ」のシステムを利用して構築されており、シェアNo.1となります。(2017101日時点、自社調べ)

また、20171010日時点で「ごみスケ」で構築された全アプリの総ダウンロード数が累計500,000回を突破しました。この数字は、ごみ関連に限らず、地域住民向けの全アプリの中で、No.1です。(自社調べ)
「ごみスケ」は、導入のしやすさから多くの自治体に選ばれ、またアプリそのものの使いやすさ・分かりやすさがユーザーから評価されています。「ごみスケ」は、ITを活用した自治体による市民サービスの向上という新しい流れを後押ししています。

また当サービスは、来年に基本機能が大幅バージョンアップする予定になっています。このバージョンアップでは、プログラミングの知識が無い人でもウェブページを更新することができる
CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)という機能が追加されます。
これにより、アプリ内に自由にメニューを追加し、自治体毎のニーズに合わせて、食品ロスや地球温暖化といった、ごみの分別以外の様々な情報を発信できるようになります。

function03.png

当社は今後も、環境にやさしい循環型社会を実現するために、自治体が効果的な廃棄物収集・処理事業を行うための、より効率的で使いやすいITシステムおよびサービスを開発していきます。

更新日:2017年10月12日 10:00