使おうAED / 減らせ突然死

お問い合わせ

お問い合わせ窓口一覧

京都本社

〒617-0835 京都府長岡京市城の里10-9[地図

東京支社

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-26
浜町京都ビル3F[地図

湘南営業所

〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台5-12
RARA善行103号室[地図

静岡営業所

〒410-0011 静岡県沼津市岡宮1319番1号[地図

浜松オフィス

〒435-0044 静岡県浜松市東区西塚町306-7
丸八管財西塚ビル301[地図

中部テクニカルセンター

〒448-0847 愛知県刈谷市宝町3-2-5[地図]

ホーム > 最新情報

最新情報

このページを印刷する

2件
2014年11月の記事

充電式でも最長60分間の使用が可能な、BOSCH社初のコードレス式掃除機を2015年2月に販売開始

当社では、電動工具や自動車部品製造で世界的に有名なドイツBOSCH社の調理用家電「コンパクト・キッチンマシン」と「コードレス・ハンディブレンダー」を長年取り扱ってまいりましたが、この度新たなBOSCHの家電製品の取り扱いを開始することになりました。

2015年2月1日に、同社のコードレス式掃除機「Athlet(アスリート)25.2V」を、全国の家電量販店で販売開始いたします。

Athlet_image.jpg

ボッシュ社のコードレス式掃除機「Athlet(アスリート)25.2V」は、同社がこれまで電動工具の製造で培ってきたノウハウを活かし、高性能の小型モーターとリチウムイオン電池を組み合わせる技術を応用して、メインの掃除機として使用できるコードレス式掃除機を目指して設計されました。
この製品は、満充電状態で、運転モードを「レベル1」にした場合、連続で60分間の使用が可能です。 (連続使用可能時間は、充電池の容量と運転モードの設定により変わります。) また、集じん容量が0.9リットルと大きいため、一度で広い範囲の掃除機がけを行うことができます。
高性能の充電池を採用したことで、繰り返しの充放電に強く、長期間お使いいただけるコードレス式掃除機を実現しました。
「Athlet(アスリート)25.2V」は、連続使用時間が短い、吸引力が弱い、数年で充電池の寿命が来てしまい買い替えの費用がかかる、といったこれまでのコードレス式掃除機の脆弱さを払しょくし、メインの掃除機として使用していただける製品です。

■製品概要
製品名 : BOSCH(ボッシュ) コードレスクリーナー Athlet(アスリート)25.2V
型式 : BCH6AT25JP
集じん方式 : サイクロン式
充電池 : 25.2V
運転モード : 3段階(レベル1、レベル2、ターボ)
充電時間 : 約6時間(約3時間で約80%までの充電が可能)
連続使用時間 : レベル1で約60分、レベル2で約30分、ターボで約10分
製品サイズ : 幅285mm×奥行185mm×高さ1160mm
製品重量 : 約3kg
集じん容積 : 0.9L
メーカー保証 : 2年
希望小売販売価格:69,800円(税抜)
生産国 : 中国

今後、BOSCH製品に関する情報をお届けするウェブサイト、Club Bsに、製品の詳細を公開していきます。
Club Bs: http://www.club-bs.jp/

更新日:2014年11月11日 09:00

太陽光発電所の分譲と、周辺地域の活性化を組み合わせた新事業を福島県で開始

当社は、福島県西白河郡矢吹町に建設した太陽光発電所の分譲事業で、地元の総合電気設備工事業者の有限会社ユートスと協業し、発電設備の購入者に対して近隣農家が栽培収穫する野菜を定期的に届けるといった、地域活性化のための取り組みを盛り込んだ新たな事業を開始いたします。

DenenSolarParkYabuki_2014.10.25.jpg

田園ソーラーパーク矢吹(2014年10月25日撮影)

この事業は、福島県西白河郡矢吹町に発電容量400kWの太陽光発電所を新設し、発電設備を40kWごと10区画に分け、1区画単位で太陽光発電事業に参入する法人及び個人に分譲するものです。
発電シミュレーションでは、10区画合計の年間発電量は551,060kWhとなり、これは一般家庭約164世帯分をまなうことができる発電量です。また、10区画合計のCO2削減量は173,310kgとなり、杉の木を約12,379本植えた場合のCO2吸収量と同等の効果があります。
この設備の分譲に際して、購入者と発電所周辺の農家が長期的に交流できる仕組みと、災害発生時に周辺地域の防災拠点として活用できる仕組みを盛り込み、新しい太陽光発電事業の取り組みを行ってまいります。

■取り組み① 近隣農家と設備購入者の交流
発電設備を購入した法人・個人には、近隣農家が栽培収穫する野菜や果実、米などを、購入した区画数に応じて無料で届けるという取り組みを行っていきます。
これは、日本グリーンパックスと、地元の電気工事業者であるユートスが協業して実施し、近隣農家から年に4回程度を目安に季節の収穫物を購入し、設備購入者に送付します。
東日本大震災と、その後の東京電力原子力発電施設の事故により、被災地や周辺の農家が風評被害などで厳しい経営を迫られる中、被災地から物理的に離れた場所に事業活動拠点・生活拠点を持つ設備購入者に、おいしい農作物を届け、実際に食べてもらい、食を通じた交流を長期的に行っていきます。

■取り組み② 防災拠点としての活用
天災などで、万が一電力の供給が寸断した際、設備購入者の同意を得て、地域住民に電力を解放する仕組みを設け、矢吹町役場と協定を結ぶなどして、防災拠点として活用していきます。
必要に応じて、備蓄品などの保管場所としても解放するなど、幅広い利用方法を検討しており、地域住民の方に本当に役立つ設備として整えてまいります。

設備概要などは、下記ウェブサイトからご確認いただけます。
http://www.greenpacks.biz/pv/

更新日:2014年11月10日 09:49